私はパンが大好きだ毎日の朝ごはんはほぼ食パンを食べている。

食パン一枚とヨーグルトとトマトジュース、サラダというのが定番になっている。

食パンの厚さは6枚切りがちょうどいい、5枚切りだとなんとなく厚すぎる気がするので絶対に6枚切りを買ってくる。

食べ方はなんとなく自分の中で流行りがやってくる、今はバターさらっと塗りが続いているが、前はマヨネーズに溶けるチーズにこしょう、その前はふりかけに溶けるチーズにこしょうだった。

そのほかにもバターたっぷり塗りやチーズに韓国のりやシラスにチーズ、卵サラダを載せたりといろいろだ。

ジャムも行きたい所だがそれだと牛乳と食べたい、でも牛乳はお腹を壊すのでその組み合わせは我慢している。

食パンは安いののもあり食べているが調理パンも大好きだ、よく買ってくるのはちくわパン、サンドイッチ、揚げ物はあまり買わない。

家の近くに美味しいパンやがあるのだが値段設定がお高めであまり買いにいけない、買いに行くと必ず買うのがシナモンロールでそこのものはシナモンが効いていてクルミが沢山入っていて程良い甘さで外側がパリパリ、とても美味しい、これは朝ごはんではなくおやつにコーヒーと食べるのが最高なのだ。

そんな話もおいといて、今度宮古島らへんにいこうと思ってます。
沖縄なんて久しぶりなんで楽しみすぎますね。

まずはミュゼに通って脱毛しないとだめですね。
国際通りの周辺にあるらしいけど、どうなんだろ?

ここらしい→ミュゼプラチナム グラン那覇国際通り店

まあ空いていたら入ってみよう。たぶん駐車場もあるから大丈夫かな?
予約できるのならしてみよう!

http://healthandharmonyfest.com/

仕事が休みになると、家でどうしてもダラダラと過ごしてしまいます。

今日も、気がつけば昔のドラマの動画を見ていたり。ドラマって1本見るだけで1時間ぐらいかかっちゃうので続けざまに見ていると大変なことになります。

昼だったのにいつの間にか夜になっていたり。
Read the rest of this entry »

私は20代一般男性です。ある日ネットで割引された体組成計を買いました。
最初は体重と体脂肪ばかり気にしていたのですが、そのほかの値も計測できていたのですが、筋肉量をみると34%と表示されていました。

説明書のほうをみると成人男性の平均は40%以上で、成人女性の平均が34%でした。
「男なのに女性並みの筋肉しかないのか」と思いこのままではダメだと感じた私は、やみくもに筋トレに励む日々。

でもやっぱり成果はなかなか出ない。そんな時、久々に友人と再会。ちなみにその友人は自転車で日本一周した猛者。もちろん筋肉もそれなりにある。
というか筋肉バカ(笑)そこで、どんな筋トレをしたらいいか相談してみることに。

すると、一口に筋トレと言っても鍛える部分と仕方によって色々あるようで、トレーニングジムでよくみる重量で負荷をかける器具。
友人いわく、それを正しいやり方でやれば効率よく筋肉がつくのだそうです。低負荷を多回数すると筋持久力が上がりやすく、高負荷を少回数すると筋肥大しやすくなる。

また、毎日筋トレしても筋肉が回復再生する時間がなくなり、逆に筋肉が少なくなってしまう場合もあるとのこと。だから筋トレは週2~3回行うのがベストだと思います。
食事も気をつけると、なお効率よし。もちろん栄養バランスを考えなければならないが、筋肉を育てるのは、タンパク質と炭水化物。

特に運動直後30分以内に摂取された栄養は吸収されやすいみたいです。
個人的にオススメなのは、卵と鶏肉とご飯を合わせた親子丼ですな。もちろん爆発的なカロリーなので、適度な運動、適度な食事を心がけていきたいですね。

ライザップ 赤井

私は若いころからずっとスポーツが好きですが、スポーツの楽しみ方が昔と今で大分変わってきました。
昔はただただがむしゃらに動いてエネルギーを発散させることを快感としていたのが、最近では頭を使って分析して仮説を立てて実行していくプロセスを楽しむようになりました。

最近のバドミントンの試合の話ですが、相手は私より若く、背も高く、反射神経に優れています。
ネット際に飛んできた球を鋭く打ち返すことができるようで最初はかなり苦戦しました。この時点で得意分野が分かるようになったので、次は得意技を出させないことを考えます。つまり、ネット際に打たないということです。

その後相手の後方へ高く打つように意識しましたが、後方へ飛んできた球の処理があまり上手ではないことに気付きました。
その後はなるべく後方へ球を打つようにし、とにかく相手の苦手スポットを突くようにすると、今度は相手もミスを頻発するようになります。結果としてますますこちらが有利になります。
こうしたことを考えながらプレーしていくのが最近とても楽しく、スポーツの新たな醍醐味を知るようになりました。

ogtzuq